このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

北斗七星殺人伝説 『宗田理』

北斗七星殺人伝説 (角川文庫)北斗七星殺人伝説 (角川文庫)
(1987/12)
宗田 理

商品詳細を見る




 秋の日の早朝、東京白金台で、マンションの窓の外に男の首吊り死体がぶら下っていた。やがて男の妻も、志摩地方の島で首と胴を切り離された姿で発見された。そこは、戦国時代にその地に勢力を張った海賊大名九鬼嘉隆の墓のある場所だった。一方、海外から帰国したばかりの青年三谷凌は、行方不明の友人有藤を捜しに、有藤の妹衣津子とともに伊勢志摩を旅する。旅の途中彼等を襲う正体不明の敵、そして有藤から届いた古文書に隠された九鬼水軍の埋蔵金の謎とは…。夜空に輝く北斗七星が地上に降りる時、全てが解明する。猟奇的事件、凌と衣津子の爽やかな恋、そして解決の鮮やかさが魅力の、書下し傑作冒険推理! (「BOOK」データベースより)


 かなり古い作品になりますが、自分の中で印象が強く残っていたので、方々探し回り、見つけ出しました。埋蔵金、殺人事件、謎の敵、子供ながらにワクワクしながら読んだ記憶が・・・


 今読んでも素直に楽しめました。


 作者は『ぼくらの七日間戦争』など"ぼくらのシリーズ"の宗田理さんということを考えれば、少年向きのミステリーかな。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/14(Wed)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。