このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

慟哭 『貫井徳郎』

慟哭 (創元推理文庫)慟哭 (創元推理文庫)
(1999/03)
貫井 徳郎

商品詳細を見る



 連続する幼女誘拐事件の捜査は行きづまり、捜査一課長は世論と警察内部の批判をうけて懊悩する。異例の昇進をした若手キャリアの課長をめぐり、警察内に不協和音が漂う一方、マスコミは彼の私生活に関心をよせる。こうした緊張下で事態は新しい方向へ!幼女殺人や怪しげな宗教の生態、現代の家族を題材に、人間の内奥の痛切な叫びを、鮮やかな構成と筆力で描破した本格長編。 (「BOOK」データベースより)


 重く救いのない物語。話は主に二つの視点で描かれる。


 失意のどん底にある男は心にあいた穴を埋めるため宗教に救いを求める。そしてそこで怪しげな黒魔術に嵌り、自らの願いをかなえるためやがて犯罪へと堕ちていく。


 連続する少女誘拐事件を捜査する捜査一課長と刑事。若手キャリア課長と刑事達の間に流れる不協和音、さらに課長自身のスキャンダルも噴出し、捜査は難航。そんな緊迫感の中で、課長は大きな賭けに出る。


 人間が堕ちていく過程を巧みな心理描写と巧妙な仕掛けでまざまざと見せ付けられた。驚きのトリックとまではいかないがこの物語を描く上では絶妙の仕掛けだと思う。






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


 


この先ネタばれあり
 


 大きく二つの視点で描かれているが、読み終えてみると一人の人間が成功の道から、大きく転落し、最悪の結末へ堕ちていく過程を描き出す物語であった。


 決して恵まれていたとはいえず、自分の意思とは違う力の存在に振り回されながらも、エリートとして成功を掴もうとしていた男。しかし一つの事件に関わる事で運命が大きく変わっていく。


 難航する捜査の打開のため彼が打った手は彼に大きな喪失をもたらす。


 そしてその喪失感、失意のどん底の中で出会ったのはある宗教。そこで黒魔術の存在を知り、自分の願いをかなえるためついには彼自身が犯罪者への道へ堕ちていく。


 これは一人の人間の人間ドラマであった。


 そして最後まで救いのない結末が用意され、どこまでも重い話を印象付ける。


 
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/16(Fri)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。