このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

妃は船を沈める『有栖川有栖』

妃は船を沈める (光文社文庫)妃は船を沈める (光文社文庫)
(2012/04/12)
有栖川 有栖

商品詳細を見る




 「妃」と呼ばれ、若い男たちに囲まれ暮らしていた魅惑的な女性・妃沙子には、不幸な事件がつきまとった。友人の夫が車ごと海に転落、取り巻きの一人は射殺された。妃沙子が所有する、三つの願いをかなえてくれる猿の手は、厄災をももたらすという。事件は祈りを捧げた報いなのだろうか。哀歌の調べに乗せ、臨床犯罪学者・火村英生が背後に渦巻く「欲望」をあぶり出す。 (「BOOK」データベースより)



 中篇2話による作品だが『猿の左手』「妃」によって一つに繋げられている。


 個人的には第一部『猿の左手』がいい感じ。トリックはありきたりで無難だが『猿の手』を巡る解釈になるほどと思わされた。ちょっと飛躍しすぎな気もするが、何故か説得力もある。


 少し話がかわるが、私は小説については人によって解釈が異なって然るべきと考えを持っている。これは少し言いすぎかもしれないが、視覚的な情報が入ってこないのでその部分は自分の感性に頼るしかない。その感性は人それぞれなので映し出されるイメージも変わってくるのは当然だろう。


 だからこのような有名な物語でも少し違った解釈が出てきて、さらにそれが事件解決につながっていくところはなかなか良かった。トリック自体が無難なだけにそのことがより強く印象付けられた。



 第二部は証拠が無いのは仕方がないこととして、謎解き自体に少々無理がある感があってちょっと納得ができない。

 

 どこが無理があるかはネタばれになってしまうので、詳しく語るのはやめるが、その推理は突っ込みどころが多くあった。




 まあ全体として上手く作られていたので悪くはない作品だった





にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/19(Mon)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。