このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

死神の精度 『伊坂幸太郎』

死神の精度 (文春文庫)死神の精度 (文春文庫)
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



 CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。


 非常に面白い。まず設定が変わっている。ここに出てくる死神とはある特定の個ではなく、いわば会社のような組織として存在。主人公の死神・千葉はその組織に属する一人であり、組織から依頼というか、命令を受けて"仕事"として対象の人物を調査するのが役目。彼らのような役目の死神が対象人物を一週間調査し、可否の判断を下す。可であれば次の日、つまり8日目に死が実行される。その死の方法は千葉たちはわからないということなのでその組織に別に実行する部署があるのだろう。可否の判断をし、その死を見届けるまでが千葉たちの役割。大抵は可と判断される。つまり千葉たちのような者に出会ったらほぼ8日目に死んでしまう。


 そんな千葉に出会ってしまった6人の物語。


 死神・千葉は人間には興味が無く、クールに仕事して淡々とこなす。千葉曰く、それでも本人は真面目に仕事しているほうらしい。大体可になることになるので、ろくに調査もせずに可の報告をするやつもいるとのこと。


 興味が無いためか、人間と接するときどこかずれた雰囲気がある。しかし興味が無いといいながら、それなりに対象の人間に感情移入しているようにも感じられる。そんな千葉が憎めなく、なんとなく面白い。入り込みすぎたと感じながらもこれも仕事のうち、アフターサービスなどといって自分を納得させていたりして、千葉自身が人間くさく感じてしまう。



 またこの死神たち、人間界に来たときの楽しみが"ミュージック"らしい。CDショップに入り浸る死神たち。隣で"ミュージック"試聴する人がいたらそれは死神かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/07(Wed)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。