このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

心霊探偵八雲〈2〉『神永学』

心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの心霊探偵八雲〈2〉魂をつなぐもの
(2005/02)
神永 学

商品詳細を見る



 恐ろしい幽霊体験をしたという友達から、相談を受けた晴香は、死者の魂を見ることができる八雲のもとを再び訪れる。しかし、八雲は相変わらずのつれない態度。そんなとき、世間では不可解な連続少女誘拐殺人事件が発生。晴香も巻き込まれ、絶対絶命の危機に!?幽霊騒動と誘拐事件―複雑に絡み合う謎を、八雲は解きほぐすことができるのか、そして晴香の運命は!?驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー第2弾。 (「BOOK」データベースより)


 エンターテイメント的に楽しめる作品。


 このシリーズで通してスタンスとしてあるのが、事件は人が起こすものということ。


 霊や魂はそこに存在はしていて、八雲はそれが見え、ある程度の意思の疎通はできているのだが、それがそこに存在するのは、何かを伝えるためであり何か強い思いがそこに縛り付けている、いわば思いの塊が霊であり、魂である。少なくとも八雲はそう捕らえている。それが何か災いをもたらすわけではなく、そう考えるのは霊が見えない人間の迷信だと。


 ここで起きる心霊現象は事件とつながってはいるものの、あくまで八雲が事件に関わっていくためのきっかけでしかない。ただしそれを狙って暗躍している存在がいて、それがこのシリーズの大きな縦軸になっている。


 今回も奇怪な心霊現象について相談を受ける形で事件に関わっていくことになり、結果的に今起きている連続少女誘拐殺人事件の解決につながっていくことになる。今回は一応とり憑いた霊を除霊するといったことも行っているが、それの霊が実際何かをするわけでなく(八雲の考え方をすれば完全に肉体を乗っ取ることはできない)、本人も霊もどうする事もできずにいる状態なので解決法の一つとして、霊(魂)を肉体から取り除いたにすぎない。


 物語の全体としては霊がからんでいる以外、それほど難解なミステリーなわけでもなく、いくつかの視点から語られているためその全体像を把握する事は簡単である。その点でミステリーとしては物足りない感じを受けるかもしれないが、エンターテイメント的と評したのは、霊が見える主人公と事件に心霊現象が微妙に絡み、それをきっかけに事件に関わり解決していく過程、その間に行われる会話ややりとりが十分楽しめる。


 そしてシリーズを通して裏で事件に絡んでくる一人の男、八雲の父の存在。彼の行動の意味と本当の目的は何か気になるところである。


 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/23(Fri)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。