このサイトは、javascriptを使用しています。javascriptをONにしてください。
FC2ブログ

読書感想@Humplam.com

読んだ本について書評ぶったり、紹介したり。
カウンター
検索フォーム
ブログランキング
ブログランキング
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
プロフィール

Humplamcom

Author:Humplamcom
Humplamのブログへようこそ!!

 リンクフリーです。相互リンクも募集。一声かけてくれれば相互リンクします。


長崎県五島市出身。

読書家(ミステリー、SF、サスペンス、ホラー、児童書、少年向け小説、文学作品、詩、短歌、俳句)、

ミステリーテラー(都市伝説、怪奇、実話、歴史)、

ジョーク屋(アメリカンジョーク、笑い話)、

おっさんゲーマー(レトロ、PCゲーム)、

ハロプロ(在宅、音楽中心)、

サンフレッチェ
V・ファーレン
ホークス

が好き。


 このブログは小説の書評を中心とした、文学作品の感想・紹介ブログです。どうぞヨロシクお願いします。

 
 読書好きな人も興味ない人もヨロシクお願いします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
リンクフリー 相互リンクも募集しています。コメントやメッセージなどで声をかけていただければ相互リンクします。特に読書・書評ブログの方との相互リンクを強く希望しています。 このブログをリンクに追加する
Twitter
かっぱさんのBookmarkBar
Twitter ブログパーツ
タグリスト
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
ブロとも募集しています。気軽に申請してください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FREEAREA

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)  スポンサー広告
▲このページのTOPへ

後鳥羽伝説殺人事件『内田康夫』

後鳥羽伝説殺人事件 (角川文庫 (5976))後鳥羽伝説殺人事件 (角川文庫 (5976))
(1985/01)
内田 康夫

商品詳細を見る



 8年前、卒業論文の執筆のため、後鳥羽法皇が隠岐に流された道順を追って旅行していた女性、正法寺美也子は土砂崩れにあい、友人である浅見祐子と自らの記憶とを失ってしまった。彼女は友人の冥福を祈り、失われた記憶を取り戻すために旅行をしていたが、ある古本屋で自分の記憶に関わる一冊の書物を見つける。しかし、その日の午後、広島県の国鉄三次駅構内で、彼女は遺体となって発見された。彼女の遺留品からはあの本が紛失していた。

その事に目をつけた野上刑事は捜査本部に報告するが、無視されてしまった。翌日、彼は正法寺美也子を目撃していた富永隆夫が殺害されたことをニュースで知ると、彼女のことを知るために東京へ出張した。彼はそこで浅見祐子の兄、浅見光彦と出会う。



 浅見光彦のデビュー作。しかし実際浅見光彦が登場し活躍するのは中盤以降。それまでは捜査の主戦から外され独自の捜査を進める野上刑事。彼の活躍により事件の核心へ迫っていきます。


 ある意味、浅見光彦は野上刑事の集めた情報を基にそれをつなぎ合わせ真相を見つけ出す。そういった意味ではこの作品において主役を演じるのは野上刑事だと勝手に思っている。


 しかし最後の謎解きで完全に浅見光彦の華麗な推理に持っていかれ、主役の座を奪われてしまった。その後浅見光彦が日本中の警察にその名が轟く?名探偵へと成長していく。


 まあその割にはよく不審者や容疑者扱いされますけどね・・・


 ミステリーとしても非常にいい作品だと思います。
関連記事
スポンサーサイト
2012/11/08(Thu)  ミステリー小説コメント(0)トラックバック(0)
▲このページのTOPへ

コメント





















管理者にだけ表示を許可する

▲このページのTOPへ

トラックバック

▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
▲このページのTOPへ
« BACK | HOME | NEXT »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。